横浜リハビリテーション専門学校

理学療法士・作業療法士のスペシャリストを養成する専門学校
神奈川県認可専修学校 厚生労働大臣指定養成校

作業療法学科

作業療法学科 作業療法学科
近年高まりつつあるニーズにも、
きちんと応えられるようになるための
カリキュラムを用意しています。

作業療法士は患者様の状態はもちろん、性格やクセ、生活環境など、さまざまなことを考慮しながら、その方に適したリハビリを行うことが求められます。本学科では、そのために必要な「豊かな発想力」を身につけられるように指導を行っています。さらに、近年ニーズが高まっている訪問リハビリや地域医療・福祉に対応するための科目も、カリキュラムに盛り込んでいます。この学校で、患者様から「出会えてよかった」と感謝されるセラピストをめざしてみませんか。

先生
作業療法学科 学科長
水島 眞由美

将来・資格

取得可能な資格

  • 作業療法士(国家資格)受験資格
  • 卒業により高度専門士
  • 障がい者初級スポーツ指導員 など

作業療法士の領域

  • 医療・保健・福祉領域
  • 老年期領域
  • 発達障がい領域
  • 精神障がい領域
  • 身体障がい領域

将来の活躍フィールド

  • 総合病院・医院、リハビリテーション施設
  • 介護老人保健施設、福祉施設
  • 身体障がい児(者)福祉施設
  • 精神障がい者福祉施設
  • 知的障がい児(者)福祉施設
  • 行政機関
  • 教育機関
  • 医療・福祉関連企業
  • 地域福祉センター など

授業紹介

カウンセリング心理学

カウンセリング心理学

患者様の訴えを傾聴するための「カウンセリング」を行う際に必要な心理学を学ぶ授業。表情、視線、息遣いなどを分析し、気持ちまで汲み取れるようになることめざします。

発達領域の治療学

発達領域の治療学

障がいをもって生まれた子どもや、生まれてすぐに障がいをもった子どもの病気の理解やリハビリを学ぶ授業。非接触でのデジタル教材(オミビスタ)を使って、聴覚や視覚の遊びの提案なども行います。

インクルーシブデザイン学

インクルーシブデザイン学

患者様の使用する道具や生活環境へのアプローチについて学ぶ授業。多様性や個別性を重視し、すべての人が便利で使いやすい道具を作業療法士の視点で考えていきます。

eアクティビティ

eアクティビティ

患者様の趣味や好きなことを活かしたリハビリを提案するのも作業療法士の大切な視点。ものづくりや、デジタル機材(オミビスタ)・家庭用ゲーム機などを使用したゲームを楽しみながら、必要な手順や動作を理解しリハビリに取り入れる能力を養います。

カリキュラム

1年次時間割例(前期)※は後期開講予定

MON TUE WED THU FRI
1 基礎運動学 人間発達学 解剖学 生理学
2 作業療法管理学 レクリエーション
活動学
外国語リテラシー
3 eアクティビティ 身体障害領域の
評価学概論
トレーニング演習 地域福祉論 リハビリテーション
概論
4 ホームルーム 精神障害領域の
評価学概論
基礎作業学

右にスライドできます

基礎分野

  • IT活用法
  • 教育学
  • カウンセリング心理学
  • 研究法Ⅱ
  • 心理学
  • トレーニング理論
  • 外国語リテラシー
  • 社会心理学
  • 倫理学
  • トレーニング演習
  • 研究法Ⅰ

専門基礎分野

  • 解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • リハビリテーション概論
  • 整形外科学
  • 総合学習Ⅰ・Ⅱ
  • 生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 地域福祉論
  • 神経内科学
  • 老年医学
  • 基礎運動学Ⅰ・Ⅱ
  • 応用運動学
  • 精神医学
  • 臨床心理学
  • 人間発達学
  • 運動学実習
  • 小児科学
  • 臨床リハビリテーション医学
  • 心理検査法
  • 内科学
  • 理学療法概論
  • 言語療法概論

専門分野

  • 作業療法概論
  • 身体領域の評価学
  • 身体領域の治療学Ⅱ・Ⅲ
  • 総合演習Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法実習
  • 身体領域の評価学演習
  • 精神領域の治療学Ⅱ・Ⅲ
  • 地域リハビリテーション学
  • 基礎作業学Ⅰ
  • 精神領域の評価学
  • 発達領域の治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 地域作業療法学
  • 作業療法管理学
  • 発達領域の評価学
  • 老年期の治療学
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ(評価実習)
  • 身体障害領域の評価学概論
  • 身体領域の治療学Ⅰ
  • 高次脳機能の治療学
  • 卒業研究
  • 精神障害領域の評価学概論
  • 精神領域の治療学Ⅰ
  • 日常生活活動学Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法リテラシー
  • レクリエーション活動学
  • 生活支援技法
  • インクルーシブデザイン学
  • 臨床実習Ⅲ・Ⅳ(総合臨床実習)
  • 臨床見学実習
  • 生活行為向上マネジメント学
  • 作業分析学
  • eアクティビティ
  • 基礎実習(介護老人保健施設)
  • 身体領域の症例検討
  • 基礎作業学Ⅱ
  • 基礎実習セミナー
  • 精神領域の症例検討
  • 数字で見る横リハ
  • 教員紹介
  • 高い合格率には理由がある。国家試験対策
  • Q&A