横浜リハビリテーション専門学校

理学療法士・作業療法士のスペシャリストを養成する専門学校 神奈川県認可専修学校 厚生労働大臣指定養成校
0800-800-4508 入試・進学以外のご用件は:045-826-7550(代)

作業療法学科

作業療法学科 作業療法学科
水島 眞由美先生
作業療法学科 学科長
水島 眞由美先生
身体と心の
リハビリのために養う、
豊かな発想と行動力
Qどんな作業療法士の育成を目指していますか?

作業療法士(OT)としての専門知識、技術の習得はもちろん、障がいのある方の生活を理解し、患者さまの気持ちに寄り添って心理的な支えになれる人間性やリーダーシップ、カウンセリング能力を養成します。身体面と心理面の両方から臨床との関連を意識した授業展開の中で、患者さまのリハビリテーションに対する動機付けや意欲を重視し、人として相手を大事にする心、温かさ、真摯さを育んでいきます。

Q作業療法士に向いているのはどんなタイプですか?

OTは患者さまのいきいきとした生活を実現させる仕事です。患者さま一人ひとりの思い描く生活を共に実現していくためには、幅広い知識とともに豊かな感性と発想力がとても大切です。そんなOTに向いているのは、まず人が大好きな事。そして、いろいろなグループやチームの中で、みんなと一緒に何かやる事が好きな人が向いていると思います。

将来・資格

取得可能な資格

  • 作業療法士(国家資格)受験資格
  • 卒業により高度専門士
  • 障がい者初級スポーツ指導員 など

作業療法士の領域

  • 医療・保険・福祉領域
  • 身体障がい領域
  • 精神障がい領域
  • 発達障がい領域
  • 老年期領域

将来の活躍フィールド

  • 総合病院・医院、リハビリテーション施設
  • 介護老人保健施設、福祉施設
  • 身体障がい児(者)福祉施設
  • 精神障がい者福祉施設
  • 知的障がい児(者)福祉施設
  • 行政機関
  • 教育機関
  • 医療・福祉関連企業
  • 地域福祉センター など

授業紹介

作業分析

作業分析

どんな症例の人にどんな作業療法が適しているかを、グループで考え発表する授業です。自分たちで具体的に考えることで、セラピストとしての実践力を高めます。

生活環境学

生活環境学

生活しやすくなるような道具と作業を考え、手作りで製作する授業です。材料は100円ショップで購入し、お金をかけずに効果的な「自助具」を製作します。

総合演習

総合演習

3年次に年間通して行う授業でOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)を実施しています。実際の臨床場面を想定したシミュレーションを繰り返し、授業内でも臨床力を高めます。

コミュニケーション概論

コミュニケーション概論

作業療法士にとって患者さまと向き合いコミュニケーションをしっかりとることは何よりも重要なこと。そのための力を養います。挨拶の仕方からプレゼンテーションの仕方まで学びます。

カリキュラム

1年次時間割例(前期)※は後期開講予定

MON TUE WED THU FRI
1 解剖学Ⅰ 人間発達学Ⅰ 心理学 地域福祉論 生理学Ⅰ
2 地域作業療法学演習 心理検査法 基礎英語Ⅰ
3 ホームルーム 作業療法概論Ⅰ トレーニング理論 基礎運動学Ⅰ IT 活用法
4 コミュニケーション概論Ⅰ ※作業療法概論Ⅱ 精神障害領域の評価学概論 ※コミュニケーション概論Ⅰ

右にスライドできます

基礎分野

  • IT活用法
  • 教育学
  • トレーニング演習
  • コミュニケーション概論
  • 研究法
  • 倫理学
  • 基礎英語
  • 社会心理学
  • 心理学
  • トレーニング理論
  • 臨床英語

専門基礎分野

  • 解剖学
  • 人間発達学
  • 神経内科学
  • リハビリテーション概論
  • 生理学
  • 老年医学
  • 精神医学
  • 理学療法概論
  • 基礎運動学
  • 臨床心理学
  • 小児科学
  • 言語療法概論
  • 応用運動学
  • 内科学
  • 心理検査法
  • 運動学実習
  • 整形外科学
  • 臨床リハビリテーション医学

専門分野

  • 作業療法概論
  • 発達領域の評価学
  • 義肢装具学
  • 地域福祉論
  • 基礎作業学
  • 身体領域の治療学
  • 作業分析
  • 生活環境学
  • 身体障害領域の評価学概論
  • 精神領域の治療学
  • 身体領域の症例検討
  • 地域作業療法学
  • 精神障害領域の評価学概論
  • 発達領域の治療学
  • 精神領域の症例検討
  • 見学実習
  • 身体領域の評価学
  • 老年期の治療学
  • 卒業研究
  • 基礎実習
  • 身体領域の評価学演習
  • 高次脳機能の治療学
  • 総合演習
  • 臨床実習
  • 精神領域の評価学
  • 日常生活活動学
  • 地域作業療法学演習
  • 3つの理由
  • 教員紹介
  • 高い合格率には理由がある。国家試験対策
  • Q&A